触らないように注意

男性医師

肌を綺麗にするなら

いぼの除去治療は皮膚科と美容外科で受けられます。どちらかというと皮膚科で除去治療を受ける人のほうが多いかもしれません。が、美容外科で除去を行なうことで、皮膚科とは異なるメリットがあります。皮膚科ですと、液体窒素によって焼く方法が多く取られます。皮膚を火傷させ、かさぶたにして取る形なので、かなりの痛みを伴います。形状や大きさ次第では切り取ったりするケースもあります。皮膚科での治療の目的はいぼを取り除くことなので、痕が残る可能性もあります。しかし美容外科ですと、美容を得意分野としていますので仕上がりへの配慮が手厚くなります。痕が残りにくい方法を提案してくれたり、痕にならないよう治療部分に塗る薬や保護シートを処方してくれたりします。また、治療前に担当医とのカウンセリングが設けられるので、心配な点などを直接訊いて解決することができます。足の裏など、人目に付きにくいところにできたいぼであれば、皮膚科でとるのがいいかもしれません。しかし、顔や背中など、痕が残ると困る部分のいぼであれば、美容外科でまず相談するのが良いでしょう。皮膚科も美容外科も治療の質は変わりません。美しく取りたいのであれば、美のプロにお願いするのが無難です。いぼが初めてできた場合、あまり触らないようにしなければなりません。一部の種類は移ります。そのため、触れた手で別の皮膚へ触れると、その場所にも発症してしまいます。できるだけ触れないよう保護シールなどを貼り、医療機関を受診するのがおすすめです。また、移らないタイプもあります。老人いぼというもので、加齢や紫外線、衣類などによる摩擦で発症します。老人いぼという名称ですが、状況が整えば若い人にも発症するのが特徴です。除去治療を行なう場合は、その種類によって治療方法が異なります。先に述べた感染するタイプのものは、切除したり、レーザーなどで焼いたりして取り除くのが効果的です。ほかの場所に感染してしまい、複数できてしまっている場合は、何度かに分けて治療する必要があります。老人いぼは、塗り薬などで治せる場合があります。もしなかなか治らないようであれば、医療機関での切除やレーザー治療を受けるのがおすすめです。美容外科であれば極力痕を残さないよう治療が行なえます。肌を綺麗にするためにいぼを取りたいと考えている場合は、美容外科をまず受診し、カウンセリングだけでも受けてみるのがよいでしょう。ただし悪性の可能性があるなど、美容外科で手に負えないものだった場合は適切な医療機関へ移ることになると思われます。

Copyright© 2018 いぼを治療して悩みを解消【保険を使った方法で対応】 All Rights Reserved.